初年度方針

おおまかな編成が見えてきたところで初年度の方針を。

今回プレイするにあたり、ソフトな縛りを入れます。
少し縛りを入れると普通のプレイとはまた違った心地よさがありますから。


・初年度は年俸1億以下の選手のみ
・トレードは初年度2回のみ


縛りは以上の2点。
と言う訳で、初期メンに選ばれてた金村サンはトレード要員でありました。
あとコユキも。

日ハム最高評価はまず間違い無く小笠原なんだけど、年俸がキツ過ぎ。
ただ、初年度のトレード評価は色々調べるつもりなんで、
その結果によっては初期メンバーに入れることもあるかも。


序盤のキモなトレードですが、対象が年俸以下で初年度トレード可能、
かつ能力が高い選手となると該当者はかなり絞られますね。
現時点で目星をつけてるのは

投手
藤井秀悟  5500 ヤクルト
石川雅規  8700 ヤクルト
石井弘寿  8300 ヤクルト
小山田保裕 3300 広島
大竹寛   2100 広島
吉見裕治  2800 横浜
杉内俊哉  4000 ソフトバンク
渡辺俊介  6100 ロッテ
小林宏之  8000 ロッテ

内野手
藤本敦士  4700 阪神
新井貴浩  3800 広島
内川聖一  2500 横浜
川崎宗則  9000 ソフトバンク
中島裕之  3400 西武

外野手
濱中おさむ 4200 阪神
嶋重宣   4550 広島
金城龍彦  8500 横浜
多村仁   9200 横浜

といった面々。
対してこちらのコマは金村、田中幸雄、坪井、SHINJO、小笠原あたりか。

おやおや、初年度の編成を考えるだけで胸が高鳴ってきましたヨ!
[PR]
by miyautu | 2005-07-20 01:31 | やきゅつく_ 公
<< インディアンランニング 初期メンバー_暫定版 >>